【塩日記】更新してませんでしたね。。

どうも、山ノ井です。
暑い日が続きますね、お元気ですか?山ノ井はノドの楽園が終わって少しはのんびりするのかと思いきや、
全くのんびりできないままに日々を過ごしています。

昨日はうちのメンバーの野比さんが客演をしていました。
リリエンタールプロジェクト「イトシキキミ」
江戸川乱歩の短編を半分朗読のような形で進めていく構成。
実は山ノ井、江戸川乱歩をそんなに読まないのですが、「こういう本もあるんだ〜!」と感心。
いけないね、知識不足はいけない。

それはそうと芝居塾です。がんばっています。8月が本番なのにもう大変です。8月に入ったらどうなっちまうのでしょう。
まずは仲良くしてほしいものです、山ノ井と。ソルトと。
なにせおじさんばかりですから。今回は一回一回の時間も長いので途中、山ノ井、優しく気を遣います、大人の余裕を見せて。

「もうみんな疲れたよね??休む?」

「いえ。まだみんないけます!ぷっぴーさんバカにしないでください」

もうさ・・・・・若さってやつあ・・・。疲れてんだよお〜〜!!!おっさんがよお〜〜〜!!ぶっちゃけよお〜〜〜!!!察してくれよお〜〜!!
高校生とか大学生、遠慮がありません。ツッコミも容赦ないので、ちょっと優しさを求めます。

それにしても自分のこの年代の時ってこんなに体力あったでしょうか?覚えていません。
とりあえず10代なんて初めて彼女とかできるじゃないですか。もう芝居どころじゃありませんよ。いやでも、芝居のことしか考えてなかったんですけど。
よくよく考えたら高校時代のクリスマスは毎年東京に何かしらのお芝居を見に行っていました。あ、一人です。岩松了の作品とか見に行ってました。
なんでクリスマスに岩松了なのかと。なぜクリスマスに下北のスズナリかと。そしてなぜわざわざ一人で東京に行くのかと。ですがそんなことは疑問にも思いませんでした。

とりあえず20代になったら、稽古場で怒られまくってて「もう明日は稽古場なんかいかねえよ!!休んでやる!!バックレてやる!!」
と一人で家で騒ぎつつ次の日には陰鬱とした表情で稽古場に行っていたものです。

だから塾生のみんなにも「なんで夏に室内で芝居なんだよ!普通は海とかだろ!」って自分にツッコミが入るくらいに稽古三昧にさせてあげようと思います。
そしてみんな怒られればいい!!!ふはははは〜〜!!!!
でもそれで稽古休まれでもしたら本当に困るので良いところで褒めようと思います。そう、褒めポイントは「君の感性が最高!」これでいきます。

何を書いてるのかよくわからなくなったのでこの辺で終わりにしようと思います。

追伸:肌が日焼けしてきたので、そろそろ「黒の騎士団」を名乗ります。

やまのい

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

ツイート する