【塩日記】新人 鷲見武さんをご紹介

こんにちは。スタジオソルトです。

実は今年、ひとりメンバーが増えていることにお気づきでしょうか。

昨年四月のKAATでの第二十回記念公演「ノドの楽園」に出演していただいた鷲見武さんが今年の一月に入団したのです。

「すみ たけし」と読みます。何かのあだな?と言われることもありますが、鷲見、で、すみ、と読みます。

鷲見さんはとってもいい人です。

スタジオソルトの中では遊撃音楽家堂本氏を除けば最年少だから気を使っているのか、いろんな雑務を積極的にこなしてくれます。とっても助かっています。

そして! そして何と言っても名前がいいです。武、で、たけし、と読みます。

そうなんです!「ドラえもん」という漫画に出てくる「ジャイアン」というキャラクタと同じ名前なんです。

ジャイアンの本名は剛田武、です。「剛」という文字のインパクトが強すぎて「剛」でタケシと読むと勘違いされている方もいらっしゃると思いますが、「武」でタケシです。剛田の方は「ツチノコ見つけた!」(てんコミ九巻)で郷田と表記されており原作でも若干表記ぶれが確認できますが、基本的には剛田がオフィシャルのようです。

映画というか大長編ドラえもんを好まれる方は、ジャイアンはいざという時に頼りになる熱い男、というイメージを持たれているかもしれません。

しかし、てんコミは基本的に日常の話のため、「いざという時」がほとんどなく、ジャイアンはもっぱら悪役として描かれ、暴力を振るい、殺人的な歌をうたい、スネ夫がお世辞を言えなくなるほどの不味い料理を振舞っておきながら「うまいかおいしいか、どっちだ」とドラクエのはい・いいえ選択肢(会話ループ)よりも強制力の強い二択を迫ってきます。

ですけどそんなジャイアンがてんコミで男を見せるお話があります。

・てんコミ三十五巻「ドラえもんに休日を!!」

ドラえもんの仕事はのび太の面倒をみること。そういう意味でドラえもんには休日がなく、気が抜けないのだと気づいたのび太は、一日ドラえもんに休日を与えることにします。つまりこの日は決してドラえもんの助けを借りない、と宣言したのです。

この宣言に対してジャイアンは「のび太のくせになまいきな!」(テンプレ的なセリフですが今調べてみたらこれ原文ママです!)と邪魔しようとします。しかし珍しく意地を見せ、くじけないのび太。ただのび太の運の悪さは天性のものであるため、ジャイアンやスネ夫がけしかけなくても次々とピンチを迎えます。絶対絶命になったのび太……そこで……!

いや、これから先は是非原作を読んでください。

とってもいい話です。

武さんはとってもかっこいいですよ!

↓ドラえもん三十五巻はこちら

https://csbs.shogakukan.co.jp/book/?comic_id=16341

文責:昔会社でのび太くんと呼ばれていた山之口

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

ツイート する